老犬日記2: 帰国したい

スポンサーリンク

実家の老犬が危篤になってから

わたしはすぐに帰国について調べました。

がしかし。。。。

そうなんだよなーーーーー!😭😭😭😭

富山の第1号がフルボッコになっていた記憶が蘇ります、また田舎の人たちの噂も凄まじく、感染者の細かい足取りに家族の仕事までネットに書かれていました。

ということで泣く泣く断念。最悪だよコロナ。

大事なペットを看取るのは精神的にも体力的にも想像を絶するレベルのしんどさなので母を手伝いたかったです。。。😭


ところで内容から話はそれますが、この同調圧力でフルボッコにするのは日本独自かもしれません。少なくともロンドンのわたしの周りでは存在し無い価値観です。

日本は一同総出で監視しあっているから、自粛も最高のレベルでできるのではないかと予想しています。息苦しいけどね。

こちらは同調圧力皆無なので、イギリス人のパリピ勢が本能のままにルールを破りまくっている姿を見ては(やっば。感染するだろ。。自衛しなければ😱😱😱)と意識が引き締まります😱

一長一短だねぇ〜🤦‍♂️

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング

ありがとうございますー!

コメント