姪とネコ

スポンサーリンク

姪は初めてポロ(ネコ)に会った時から

ポロのことが大好きだった。

ポロが亡くなり、お葬式に行ってくれた姪。

ポロのそばに献花するときは

「なんでお花いれるの?」

ポロがお骨になるためどこかに持っていかれると

「ポロちゃんなおしてくれるの?」

と、3歳には死ぬということがわからないため

質問ぜめに会ったオカン。

ポロちゃんはね、治らないんだよ。いまから小さい箱にはいるんだよ。でも空で見てるよ。

と説明する。

でも実はこのとき姪は

ポロちゃんは子猫になって戻ってくるんだ

と思い、楽しみにしていたのであった。

その後渡されたのはお骨の入ったツボと巾着。

中には子猫のポロが入っているに違いないから

開けたくて仕方なかった姪。

お父さんに開けたらダメだよ、と言われ

そのあとも、いつも猫と遊べる婆ちゃん宅に行ったのに、やっぱり大好きなポロに会えないから混乱。

家に帰ってから、

なんで自分はポロに会えないのか

たくさん質問したようだ。

このとても悲しい面白い話を、わたしはオカンと2人で泣いて電話で話した。

おばちゃんも子猫のポロちゃんの入った箱欲しいよ。なんなら自分が入って若返りたい…

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング

コメント

  1. ミネット より:

    優しい姪っ子さんですね。私も子猫にして返して欲しい猫がいます。みんなきっとそうですよね。絵本になりそうなお話です。